トヨタのネッツ系ディーラーの値引きは荒れる!と言われている。これは実際に私も思うところなのだが、トヨタが新型車を出して一番最初に値引きを拡大するのは決まってネッツと決まっている気がする。ベルファイア、プリウス、アクア、その他いろいろ。ヴェルファイアなんかは専売車種だが、どうしてもアルファードと競合はする。
アルファードは最初は値引きを抑えて販売をしていたが、ヴェルファイアが値引きを拡大してしまった為、アルファードも値引きを大きくするしかない状態となった。
これはトヨペット営業が言っているから間違いない。またノアとヴォクシー。これも売れ筋モデルでノアはカローラ店が丁寧な値引きで販売をしていたがヴォクシーの値引きが荒れだした、この為ノアの値引きお仕方なく拡大をしたという経緯もある。
ではなぜネッツ店は値引きを拡大する傾向にあるのだろうか?ネッツ店と言うのは来店型の商売スタイルがメイン。やはりそうなると購入ユーザーも若い人が多かったり、情報をしっかりと持っている世代が多いのも値引きが崩れる要因になっていると思う。
それをネッツ店では、そういうスタイルという位置づけで受け止めている為、基本の値引きは言ったもの勝ちみたいな部分も多い。ハイエースはトヨペット専売で売っていた大人気モデルだが、ネッツ店のレジアスエースの値引きが大幅に拡大をした為、ハイエースお今では30万円以上は当たり前の値引き額を出しているそうだ。
こう考えると、ネッツ店との併売車種、もしくは兄弟車種がある場合には確実にネッツ店と見積りを比較した方が良いと言える。これだけでも数万円以上新車を安く買う方法とも言えるのではないだろうか。