ここはホンダディーラーの新車値引きについてのコンテンツとなる。私が一番得意としている内容になるが、ホンダカーズでは新車値引きを提示する時、ある程度の参考程度の値引き規定みたいな物を営業たちに渡している。例をあげると、ホンダフリードの値引きは25万円が限界、ヴェセルの値引きは個人客なら18万円、業者は15万円、このように目安とした値引き額は与えてある。
しかしホンダカーズの値引きの出し方は他のディーラーとは少し異なっている。何が違うのか?と言うことを説明しよう。一番違うのは、基本の値引きはあっても、それをどれぐらいお客様に出すのか?は営業たちが考える事で、私達上司が何かを言う物でもない。簡単に説明をすると、20万円出す営業もいれば5万円しか出さない営業もいるのだ。
なぜこんな事が起きるのだろうか。それはホンダカーズの営業たちは、自分の実績を画面で確認しながら日々の営業活動を行っている。それぞれの車には粗利と言った利益みたいなものがあるのだが、それをホンダカーズの場合が営業も把握しているのだ。
これは他ではないと思う。その粗利を見て、値引きを自分達で決めて商談をしている。そして合計の粗利(自分達がどれだけ会社に貢献をしたか?)で給料プラスαがもらえる仕組みとなっているのだ。
だから営業の中には値引きが堅い人間もいるし、値引きが緩い人間もいる。だからどうしても、担当をする営業によってホンダカーズの場合は新車値引きの金額が大きく変わってくる可能性があるのだ。
これをどう捉えるかはお客様次第ではあるが、中にはオデッセイで50マン以上の値引きをやってきた営業もいるし、その反面、オデッセイで23マンの値引きしかやってこないヤツもいる。私は現役時代、どちらかと言うと値引きをたくさんして販売台数を伸ばすタイプでしたので、値引きをしないで売ってくるやつを見ると感心してしまう。
ただホンダ車を買う場合には、こんな値引きに対する話があると言う事は頭の片隅に入れておくのが良いと思う。担当者によっては、購入金額がかなり違ってしまう可能性もあるからだ。